ページ

2017年6月16日金曜日

『週刊新潮』で金井美恵子『カストロの尻』について書きました

『週刊新潮』2017年6月22日号で金井美恵子の『カストロの尻』(新潮社)について書きました。
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
金井美恵子の作品というと難しい印象がありますが、決してそんなことはありません。繊細な身体感覚や戦前の両親の記憶など、読者にとって、読む喜びに満ちた記述が続いていきます。普段の読書よりもじっくりと速度を落として読むことで、金井美恵子の文章をだんだんと味わえるようになるでしょう。
本作には、言語批判や社会批判など様々な要素が詰まっています。多様な読みを誘い込むテクストを織りなす彼女の力量は圧倒的です。

2017年6月15日木曜日

7月18日にロバート・ハリスさんと対談します

7月18日の午後7時から、代官山のライブハウス『晴れたら空に豆まいて』でロバート・ハリスさんと対談します。タイトルは「Exilesと越境文学」です。
http://mameromantic.com/?p=53034
入場料は前売り3000円、当日3500円+1ドリンク600円ですが、学生料金ではいずれも1000円引きになります。
ロバート・ハリスさんは旅、海外生活、文学等に関するエッセイや小説を多数書いていらっしゃいます。『アウトサイダーの幸福論』(集英社新書)、『人生100のリスト』(講談社α文庫)、『ワイルドサイドを歩け』(講談社α文庫)など読みましたが、どれも震えるほど面白いです。
やんちゃで男臭いイメージのハリスさんですが、僕としては、ヤノフのプライマル療法で鬱を克服した話や、男が泣いたっていいじゃないか、という男性論、シドニーのゲイタウン、ダーリングハーストで書店をやっていた時の話など、すごく興味があります。こういう方が現在の日本にいてくださるのは本当にありがたいことだと思います。

2017年6月6日火曜日

『群像』で町田康さんと対談しています

『群像』2017年7月号で町田康さんと、新作『ホサナ』を巡って対談しています。
http://gunzo.kodansha.co.jp/48080/49399.html
町田さんか5年の歳月を費やして書いた大作『ホサナ』では、宗教的な次元から人間と動物の関係についての問いまで、多様な主題が扱われています。言葉遊びや笑いも豊富で、まさに読書の喜びに満ちた作品です。対談ではこの一筋縄ではいかない作品について、町田さんが詳細に語ってくださっています。『ホサナ』という迷路に迷いこんだ読者にとって、この対談は一つの導きの糸となっているのではないでしょうか。

2017年5月27日土曜日

『波』で川上未映子・村上春樹『みみずくは黄昏に飛びたつ』書評書きました

『波』2017年6月号で川上未映子・村上春樹『みみずくは黄昏に飛びたつ』の書評を書きました。ここで全文を読むことができます。
http://www.shinchosha.co.jp/book/353434/#b_review
これほど楽しげに、縦横無尽に話す村上春樹がかつていたでしょうか。そのすべてはインタビュアーである川上未映子の驚異的な力量によるものです。誠実に語り続ける村上春樹、その言葉を見事に引き出していく川上未映子。読み終えて、この二人には尊敬以外の気持ちを抱くことができませんでした。強くお勧めします。

2017年5月20日土曜日

『週刊新潮』で 松浦理英子『最愛の子ども』について書きました

『週刊新潮』2017年5月25日号で 松浦理英子の『最愛の子ども』(文藝春秋)について書きました。
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
かつて『葬儀の日』『セバスチャン』など素晴らしい作品を書いている松浦理英子ですが、その魅力は現在も変りません。女子高生3人が織りなす愛の関係をクラスメートが見つめる、という甘やかなストーリーに、家族の問題や暴力といった暗い現実が陰を差します。『親指Pの修行時代』だけは読んだな、という人にも自信を持ってお奨めできます。

2017年4月22日土曜日

4月27日に京都で藤野可織さんと対談をします

2017年4月27日に京都精華大学で藤野可織さんと対談をします。
時間は14時40分から、場所は精華大学黎明館L-002です。
http://www.kyoto-seika.ac.jp/about/access/
どなたでも予約無し、しかも無料で入場することができます。課題作品がありまして、それは最近文庫で出た『ファイナルガール』(角川文庫)冒頭の短篇「大自然」です。とても良い作品ですよ。
お近くにお住まいで、なおかつご興味のある方、どうぞよろしくお願いいたします。
以下は藤野さんが作成してくれた告知文です。


精華大学の授業「文章表現」に、都甲幸治さんがいらしてくださいます。私の短篇「大自然」
(『ファイナルガール』所収)を中心に、いろいろなお話をさせていただこうと思っています。
学生さんはもちろん、学外の方にもご自由にご参加いただけます。予約はいりません。
【日時】4/27(木)14:40〜
【場所】精華大学 黎明館L-002
どうぞよろしくお願いいたします。

町田康さんとのイベント、満席になりました

2017年5月21日、神奈川県大磯のマグネットでのイベント、満席になりました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

2017年4月21日金曜日

町田康さんとのイベント、予約始まりました

すでに書いたように、2017年5月21日に神奈川県大磯のマグネットというカフェで町田康さんと対談をします。申し込みはメールで、予約が始まりました。
info@daigakkou.jp
詳細は以下のアドレスで。
https://www.facebook.com/magnet.oiso/
時間は15時半からで、戌井昭人さんの『ぴんぞろ』(講談社文庫)について語り合います。参加する方は、できれば『ぴんぞろ』を読んできてください。

2017年4月20日木曜日

『北海道新聞』でオースター『冬の日誌』について書きました

『北海道新聞』2017年4月16日号書評欄でポール・オースターの『冬の日誌』について書きました。「身体の自伝」と銘打たれた本書は、とても印象的なものとなっています。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/cont/books/2-0112410.html
ここで全文を読むことができます。ご興味があれば。

2017年4月12日水曜日

郭南燕先生講演の動画がアップされました

郭南燕先生講演「志賀直哉の文学:外国語からの養分」の動画がアップされました。
僕はコメンテーターとして講演の最後に少々お話ししております。ご興味があれば。

http://www.i-house.or.jp/programs/nichibunihj20170120/

2017年4月8日土曜日

『週刊新潮』で多和田葉子『百年の散歩』について書きました

『週刊新潮』2017年4月13日号で多和田葉子さんの『百年の散歩』について書きました。
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
ベルリンを歩きながら、日本語とドイツ語の境界を越えて散歩がどんどんと拡がっていきます。そのうち、効率や生産性といったものとは正反対の散歩こそが人類の希望だ、みたいな気持ちにまでなってしまいました。とても良い本です。

2017年4月3日月曜日

『村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事』に解説を書きました

2017年3月27日発売の『村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事』(中央公論新社)に解説を書きました。
http://www.chuko.co.jp/tanko/2017/03/004967.html
タイトルは「教養主義の終りとハルキムラカミ・ワンダーランド」です。
1970年代の終わりから村上春樹が始めた翻訳の意義について、当時の資料を見ながら考察しました。ご興味があれば。

2017年3月30日木曜日

5月21日に町田康さんと対談をします

2017年5月21日に神奈川県大磯のマグネットというカフェで町田康さんと対談をします。
https://www.facebook.com/magnet.oiso/
時間は15時半からで、戌井昭人さんの『ぴんぞろ』(講談社文庫)について語り合います。参加者の方も読んで出席した方が楽しいですよ。
申し込みは4月20日からで、メールでの応募になります。アドレスは
info@daigakkou.jp
です。ご興味があれば。

2017年3月11日土曜日

3月28日に東京外国語大学で村上春樹の翻訳について話します

2017年3月28日に東京外国語大学で村上春樹の翻訳について話します。
https://www.facebook.com/crosslingualnetwork
新刊『村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事』(3月17日刊、中央公論新社)に収録されている僕のエッセイに基づいて話をします。

===========
世界文学・語圏横断ネットワーク 第6回研究集会

日程:2017年3月28日
会場:東京外国語大学 研究講義棟2F 226教室

① 10:30-12:00 自由テーマ
司会:山口裕之
国重 裕(龍谷大学)「亡命体験と声の記憶——ベトナム出身のフランス語作家たちを例に」
マリ―・ノエル・ボーヴィウー(リヨン第三大学大学院)「フランスと日本におけるモダンな簡潔——1920年代の「コント」」

② 13:00-15:30「エクストラテリトリアルの文学——脱領域・脱構築・脱半球」
今福龍太(東京外国語大学)/土田知則(千葉大学)/茅野裕城子(作家)
巽孝之(慶應義塾大学):司会

③ 15:45-18:45「翻訳について考える」
澤田 直(立教大学)「愛を翻訳するとき、日本とフランスの間で」
都甲幸治(早稲田大学)「教養主義の終りとハルキムラカミ・ワンダーランド――村上春樹の翻訳」
金子奈美(東京外国語大学大学院)「バスク語文学における創作と翻訳——文学作品における翻訳の表象をめぐる予備的考察」
加藤ダニエラ(京都工業繊維大学)「翻訳における自然の「トランスカルチュレーション」——『方丈記』の英語訳」
久野量一(東京外国語大学)「キューバ作家の英語創作」:司会

『週刊新潮』で古井由吉『ゆらぐ玉の緒』について書きました

『週刊新潮』2017年3月16日号で古井由吉『ゆらぐ玉の緒』について書きました。
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
現代語で書かれているにもかかわらずゆっくりと読むことを要求する文体で古井由吉は、複数の人が記憶の中で重なっていく世界を立ち上げます。日本や中国、西洋の古典の深い読みを通じて生まれた彼の文章は現代日本文の最高峰だと言えるでしょう。
繰り返されるのは空襲や草花への想いで、その反復に強いリアリティを感じました。素晴らしい作品です。

3月30日追記
ここで全文が読めます。
https://www.bookbang.jp/review/article/527793

2017年3月8日水曜日

『文學界』4月号で松浦寿輝『名誉と恍惚』について書きました

『文學界』2017年4月号で松浦寿輝『名誉と恍惚』について書きました。
http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/
この八百ページ近い大作で1930年代の上海が見事に蘇ります。それは同時に、現代の日本とは何かという問いかけでもあるでしょう。フランスを中心としたヨーロッパ研究の印象が強い松浦寿輝ですが、アジアについてもこんなに考えていたんだと気づかされる力作です。しかも読んでいてひたすら面白い。純文学好きも、ミステリー好きも、はてまた歴史好きも、全員が満足できる作品になっています。

『英語教育』03月号にジャッキー・ケイ『トランペット』について書きました

『英語教育』2017年03月号にジャッキー・ケイの『トランペット』について書きました。
http://www.taishukan.co.jp/book/b280745.html
亡くなった父親が実は女性だった、というところから始まる衝撃の物語『トランペット』ですが、問いかけるものは静かで深いです。血の繋がらない親子は果たして何も受け継げないのか。家族とはもっと広いものなんじゃないか、など様々なことを考えさせられます。男性でなければ、女性でなければ、と狭く考えるのをやめることで楽になれる部分が確実にあるなあ、と気づかされるという点でとても優れた作品だと思います。

3月12日に中村和恵さん・温又柔さん・秋草俊一郎さんとシンポジウムやります

2017年3月12日の午後3時から、東京大学の駒場キャンバスで中村和恵さん・温又柔さん・秋草俊一郎さんとシンポジウムやります。僕は司会です。
タイトルは「複数の言語、複数の文学」で、いろいろと面白い話が聞けそうです。ご興味があれば。

『中央公論』3月号で藤井光さんと対談しています

『中央公論』2017年3月号で藤井光さんと対談しています。
http://www.chuko.co.jp/chuokoron/newest_issue/
タイトルは「アメリカ文学がアメリカを語らなくなった」です。
このほかに僕はエイミー・ヘンペル超短篇「オヘア空港発の乗り継ぎ便に間に合わなかった方々へ」を訳しています。ご興味があれば。

2017年2月10日金曜日

『週刊新潮』に金原ひとみ『クラウドガール』書評書きました

『週刊新潮』2017年2月16日号に金原ひとみ『クラウドガール』の書評を書きました。
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
金原さんは『蛇にピアス』以来、大好きな作家です。今回の作品では、裏切りを重ねる彼氏とどうしても分かれられない妹と、どうしても彼氏との関係を近づけることのできない妹を扱っています。ほどよい距離感って本当に難しいですよね。金原さんの小説というとハードな印象がありますが、実はいつも、現代を生きている誰にでも当てはまる大事なことをテーマにしている気がします。

2017年1月24日火曜日

2月26日に福岡で岸本佐知子さんと対談をします

2017年2月26日に福岡のRethink Booksで岸本佐知子さんと対談をします。
http://rethinkbooks.jp/event/2239
タイトルは「ふたりの翻訳家が語り倒す、翻訳、書評、海外文学」で、読んで面白かった本の話や翻訳の話をしようと思っています。お近くに住んでいてご興味のある方はぜひ。

2017年1月22日日曜日

タナハシ・コーツ『世界と僕のあいだに』解説書きました

タナハシ・コーツ著『世界と僕のあいだに』(池田年穂訳、慶應大学出版会)の解説を書きました。
http://www.keio-up.co.jp/kup/gift/coates.html
こごて一部を読むことができます。
タイトルは「新たなフランツ・ファノン」です。ご興味があれば。

2017年1月19日木曜日

『英語教育』02月号にアディーチェ『アメリカーナ』について書きました

『英語教育』2017年02月号にアディーチェ『アメリカーナ』について書きました。
http://www.taishukan.co.jp/book/b279149.html
『アメリカにいる、きみ』なと素晴らしい短編集で人気のアディーチェですが、とうとう新作長編『アメリカーナ』が出ました。まえの長編2つ『パープル・ハイビスカス』『半分のぼった黄色い太陽』とは違って、舞台がナイジェリア、アメリカ、イギリスと複数になっています。
しかもアメリカの描写がすごい。アメリカ出身ではない黒人、という立場から、アメリカの人種差別の状況を客観的に分析しています。これが鋭い。生活しているだけに、内部から考えることが出来ています。もちろん物語としても優れたエンタテインメントです。お勧め。

2017年1月18日水曜日

『英語教育』01月号にクッツェー『イエスの学校時代』について書きました

『英語教育』2017年01月号にJ. M. クッツェー『イエスの学校時代』について書きました。
http://www.taishukan.co.jp/book/b272855.html
前作『イエスの幼子時代』では欲望の存在しない奇妙な国にやってきた少年と男性が少年の母親を探す話でした。最後、学校から逃げ出して家族で旅に出るところで終わっていましたが、本作は別の街で新たな人生を始める、というものです。そのなかで重要になるのがダンスで、言葉を超えたものに向かうクッツェーの試みが展開されています。とても面白い作品ですね。果たして第3巻も出るんでしょうか。

2017年1月17日火曜日

『英語教育』12月号にエイミー・ヘンペルについて書きました

『英語教育』12月号にエイミー・ヘンペル『短編集』について書きました。
http://www.taishukan.co.jp/book/b253206.html
極端に寡作な彼女ですが、かつてレイモンド・カーヴァーを育てたゴードン・リッシュの薫陶を受けた作品は研ぎ澄まされた詩のような読後感があります。チャック・パラニュークやリック・ムーディが絶賛していることからも彼女の作品の魅力はわかるでしょう。

2017年1月14日土曜日

『週刊新潮』に木村友祐『野良ビトたちの燃え上がる肖像』書評書きました

2017年1月17日号の『週刊新潮』に木村友祐『野良ビトたちの燃え上がる肖像』の書評を書きました。
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
河原という最も弱い立場の人々が集まる場所に視点を置いたとき、現代日本の姿が鮮やかに浮かび上がります。きらびやかな都市の片隅で見えないことになっているものを直視すること。文学の古くからのあり方が、とても新しい作品として結実していると思いました。
2011年を境に、日本文学は大きな転換を果たしていることがわかる小説になっています。星野智幸『呪文』が好きな人はぜひ。

ここで全文が読めます。
http://www.bookbang.jp/review/article/524576

2017年1月10日火曜日

『世界の8大文学賞』前書きが公開されました

ガジェット通信というサイトで『世界の8大文学賞』前書きが公開されました。
http://getnews.jp/archives/1588087
ご興味があれば。

2017年1月8日日曜日

『本の雑誌』12月号の新刊めったくたガイド書きました

 『本の雑誌』2016年12月号の新刊めったくたガイド書きました。
http://www.webdoku.jp/
取り上げたのは以下の三冊です。

温又柔『来福の家』(白水uブックス)
金仁淑『アンニョン、エレナ』(書肆侃々房)
内澤旬子『漂うままに島に着き』(朝日新聞出版)

温又柔の『来福の家』復刊はとにかくめでたいです。日本人とは何か、日本語とは何かという問いと、実際に日本で外国人として生きていくということが正面から組み合った、優れた作品になっています。特に「幸去幸来歌」はお勧め。現代の日本文学がどこまで来ているのかが良くわかる作品です。
金仁淑『アンニョン、エレナ』が翻訳されたのは素晴らしい。現代の韓国文学に如何に多国籍な声か響いているかが良くわかる作品です。アメリカに渡った親戚、ポルトガルから届いた、異父妹からの手紙。書肆侃々房という福岡の出版社から出ているのもいいですね。ここは現代歌人のシリーズを出したり、今村夏子の新作『あひる』を出したりと、とても意欲的です。
内澤旬子『漂うままに島に着き』は東京に嫌気がさした著者が小豆島に移住し、気持ちのいい人生を手に入れるまでの顛末が綴られています。これを読むと、東京が中心という考え方がいかに古くさいものかが良くわかります。『世界屠畜紀行』『身体のいいなり』など、内澤さんの仕事は現代社会で見えないことになっているものを引き出すのが上手いですよね。どれも名著です。