ページ

2017年6月16日金曜日

『週刊新潮』で金井美恵子『カストロの尻』について書きました

『週刊新潮』2017年6月22日号で金井美恵子の『カストロの尻』(新潮社)について書きました。
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
金井美恵子の作品というと難しい印象がありますが、決してそんなことはありません。繊細な身体感覚や戦前の両親の記憶など、読者にとって、読む喜びに満ちた記述が続いていきます。普段の読書よりもじっくりと速度を落として読むことで、金井美恵子の文章をだんだんと味わえるようになるでしょう。
本作には、言語批判や社会批判など様々な要素が詰まっています。多様な読みを誘い込むテクストを織りなす彼女の力量は圧倒的です。

2017年6月15日木曜日

7月18日にロバート・ハリスさんと対談します

7月18日の午後7時から、代官山のライブハウス『晴れたら空に豆まいて』でロバート・ハリスさんと対談します。タイトルは「Exilesと越境文学」です。
http://mameromantic.com/?p=53034
入場料は前売り3000円、当日3500円+1ドリンク600円ですが、学生料金ではいずれも1000円引きになります。
ロバート・ハリスさんは旅、海外生活、文学等に関するエッセイや小説を多数書いていらっしゃいます。『アウトサイダーの幸福論』(集英社新書)、『人生100のリスト』(講談社α文庫)、『ワイルドサイドを歩け』(講談社α文庫)など読みましたが、どれも震えるほど面白いです。
やんちゃで男臭いイメージのハリスさんですが、僕としては、ヤノフのプライマル療法で鬱を克服した話や、男が泣いたっていいじゃないか、という男性論、シドニーのゲイタウン、ダーリングハーストで書店をやっていた時の話など、すごく興味があります。こういう方が現在の日本にいてくださるのは本当にありがたいことだと思います。

2017年6月6日火曜日

『群像』で町田康さんと対談しています

『群像』2017年7月号で町田康さんと、新作『ホサナ』を巡って対談しています。
http://gunzo.kodansha.co.jp/48080/49399.html
町田さんか5年の歳月を費やして書いた大作『ホサナ』では、宗教的な次元から人間と動物の関係についての問いまで、多様な主題が扱われています。言葉遊びや笑いも豊富で、まさに読書の喜びに満ちた作品です。対談ではこの一筋縄ではいかない作品について、町田さんが詳細に語ってくださっています。『ホサナ』という迷路に迷いこんだ読者にとって、この対談は一つの導きの糸となっているのではないでしょうか。

2017年5月27日土曜日

『波』で川上未映子・村上春樹『みみずくは黄昏に飛びたつ』書評書きました

『波』2017年6月号で川上未映子・村上春樹『みみずくは黄昏に飛びたつ』の書評を書きました。ここで全文を読むことができます。
http://www.shinchosha.co.jp/book/353434/#b_review
これほど楽しげに、縦横無尽に話す村上春樹がかつていたでしょうか。そのすべてはインタビュアーである川上未映子の驚異的な力量によるものです。誠実に語り続ける村上春樹、その言葉を見事に引き出していく川上未映子。読み終えて、この二人には尊敬以外の気持ちを抱くことができませんでした。強くお勧めします。

2017年5月20日土曜日

『週刊新潮』で 松浦理英子『最愛の子ども』について書きました

『週刊新潮』2017年5月25日号で 松浦理英子の『最愛の子ども』(文藝春秋)について書きました。
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
かつて『葬儀の日』『セバスチャン』など素晴らしい作品を書いている松浦理英子ですが、その魅力は現在も変りません。女子高生3人が織りなす愛の関係をクラスメートが見つめる、という甘やかなストーリーに、家族の問題や暴力といった暗い現実が陰を差します。『親指Pの修行時代』だけは読んだな、という人にも自信を持ってお奨めできます。

2017年4月22日土曜日

4月27日に京都で藤野可織さんと対談をします

2017年4月27日に京都精華大学で藤野可織さんと対談をします。
時間は14時40分から、場所は精華大学黎明館L-002です。
http://www.kyoto-seika.ac.jp/about/access/
どなたでも予約無し、しかも無料で入場することができます。課題作品がありまして、それは最近文庫で出た『ファイナルガール』(角川文庫)冒頭の短篇「大自然」です。とても良い作品ですよ。
お近くにお住まいで、なおかつご興味のある方、どうぞよろしくお願いいたします。
以下は藤野さんが作成してくれた告知文です。


精華大学の授業「文章表現」に、都甲幸治さんがいらしてくださいます。私の短篇「大自然」
(『ファイナルガール』所収)を中心に、いろいろなお話をさせていただこうと思っています。
学生さんはもちろん、学外の方にもご自由にご参加いただけます。予約はいりません。
【日時】4/27(木)14:40〜
【場所】精華大学 黎明館L-002
どうぞよろしくお願いいたします。

町田康さんとのイベント、満席になりました

2017年5月21日、神奈川県大磯のマグネットでのイベント、満席になりました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。